先生、そろそろ断食期間が明けて回復期です!
お、順調ですね。断食した感じはどうですか?
最初は空腹が辛かったです…。
けど途中からはなんだか少し心地よくなってきたというか、体が軽くなる感じがして気持ちが良かったです!
ファスティングを体験した方はよくそういった事をおっしゃいますね。
ファスティング中は頭も冴えますので考え事にも向いていますよ。
回復期の回復食について教えてください!
回復期と回復食はファスティングの結果を決めるとっても重要なステップです。
ここでドカ食いしていしますと、またたく間にリバウンドしますから。これからお話することをしっかり覚えてくださいね♪

ファスティング(断食明け)の回復食の重要さを知っておく

お粥

ファスティングの最後のステップであり最も大事な期間が「回復期」です。

ここでは、回復期の基本と、回復食(回復期にいただく食事です)のメニューなどを解説していきます。

ファスティング・断食ダイエットで リバウンドしない ために、どういったことに気をつければいいのか覚えておきましょう。

断食明けの体は離乳食を食べはじめた赤ちゃんのような状態

赤ちゃんの手

断食によって休んだ消化器官は当然ですがすぐにフルで働きはじめることはできません。

例えるなら離乳食を食べる前の赤ちゃんのような状態、あるいはGW明けの会社員のようといえばいいでしょうか(笑)。連休明けの午前中ってまだお休み気分を引きずっていてダラダラ仕事するふりで終わりますよね。まさにファスティング・断食明けの体もこれと同じです。

休みボケしているカラダに消化を必要とする固形物や糖質・高カロリーの食べ物をいきなり摂取すると、普段のように消化することができません。この回復期でしっかりとルールを守った食事を摂らないと、リバウンドに直結します。また、体調不良の原因にもなります。

しっかりと回復期のスケジュールと献立を確認して過ごしましょう。

3日間のファスティングなら回復期は5日が理想

回復食というのは、ファスティング回復期に食べる食事全般のことです。さきほども書きましたが、断食明けの体はとってもナイーブです。

回復期について質問としてよく挙がるのが、「回復食は1日だけおかゆで過ごせばいいんでしょうか?」という質問です。たしかに1日のプチ断食であれば「それで大丈夫だと思います」

しかし、3日以上のファスティングを行なった場合、1日だけ流動食を食べて回復期完了というわけにはいきません。
基本としては断食日数と同じだけ回復期も確保するのですが、

断食日数+2日の回復期間を確保する!

これが理想です。3日間のファスティングを行う場合は5日間を回復期にしましょう。

これは3日の回復期では足りないということではありません。ですが2日余分に取ってゆっくりと体をもどすことで格段にリバウンドの可能性が下がります

回復食は「焦らず、少しずつ、よく噛んで」

次は回復期に食べる回復食についてお話していきます。

回復期の食事は少量をゆっくりと食べる

ファスティングをしたことがある人は分かると思いますが、断食明けの回復食はものすごく質素な食事だと感じるような内容でも、それがとても美味しく感じます。これは、ファスティングによって 味覚と食への感覚がリセットされて非常に敏感 になっているからです。

せっかく断食が終わったのに、なぜいきなり普段どおりの食事に戻すのがいけないのかは、さきほども少しお話しましたが、体内の消化器官は休暇をとっていましたので、そこへ急に大量のお仕事を与えてしまうと焦って仕事を放棄してしまいます。

急に食事を元に戻すのはリバウンドの原因第一位です!

今までの食事に戻すために、徐々に焦らず回復食で体を元に戻してあげるのです。

回復食は腹5分目でちょうどいい

断食後は腹八分目までということをよく聞くかもしれませんが、断食直後は八分目でも多いくらい。

断食後に体が感じる腹八分目は普段感じる腹八分目とは少し違います。

物足りなく感じてしまうかもしれませんが、まずは自分をしっかりとコントロールしましょう。 少量で満腹感を感じるためにしっかり噛むこと も大切です。

休んでいた消化器官に急激な負担を与えない

繰り返しになりますが、ファスティング後に急に普段の食事に戻すと、ゆっくり休んでいた消化器官の過度な負担になります。少量をゆっくりと食べることで負担を最小限にします。

回復食として食べるべきメニューの一覧[3日間] 

回復期 1〜2日目 3日目 4〜5日目
食事
内容
玄米粥・スープ 玄米粥+野菜や果物 玄米+野菜や果物(魚介類)
ポイント 玄米粥のみ
味付けは薄く
玄米粥中心
野菜
玄米+野菜・果物
(肉類はなし)

断食翌日(回復期1日目は)は準備期最終日と同じような、玄米粥や玄米スープを少量、いただくぐらいにしておきましょう。

2日目も、準備期を遡るような形の食事、お野菜・くだもの・魚介類を中心に少し量を減らしながら徐々に戻していきましょう。

いずれも朝食を酵素ドリンクに置き換えるとダイエット効果はアップです。

回復食での定番といえば準備食と同じように「お粥」です。ただのお粥ではなく基本は、「白米」のお粥ではなく「玄米」のお粥にすることです。そして、断食明け直後はお粥をさらに越した重湯というメニューからはじめます。

お粥・重湯をつくる際も玄米でつくることは守りましょう。また再三になりますが、玄米粥やお野菜など形が感じられる食事についてはしっかりと噛む。重湯などの流動食であればゆっくりと飲むこと。

しっかり咀嚼することでセロトニン神経というのが活発になり脳が活性化 します。

普段の食事からそうですが、よく噛むことで損することは一切ありません。
焦らず、確実に消化ができるようにゆっくりと食べること。そして食事のありがたみを感じましょうね。

回復食は流動食から再スタート

回復食ではいきなり固形物は食べないことです。準備食と同様に重湯から始めて徐々に柔らかく炊いたお野菜、そして回復期最終日にようやく少量の魚介を食べられるくらいのペースになります。

味付けはなしから徐々に薄味で。

ファスティング後は濃い味のものを控えることも大切です。そもそもいきなり濃い味の食事はたぶん受け付けない体になっていると思います。

ファスティングによってリセットされているのは内臓器官だけではなく、味覚もファスティング前とは変わっているはず。今までの食事と同じ味付けのものを食べているはずが、以前よりも濃く感じられることもあります。

塩分の過剰摂取などは断食明けの体には負担になりますので、和食にする場合も調味料などは出来る限り薄めで料理することを心がけましょう。

回復食で食べると良い食材

回復期に食べるべき食材・食べてはいけない食事を紹介しておきます。

食べて良い食事としては、バナナ・豆・ゴマ・ナッツ・雑穀などがあります。これらはファスティングに限らず、キレイな体内を保つために日頃から摂取したい食べ物ですね。 特に大切なのは発酵食品と食物繊維 です。ご存知の方も多いと思いますが、

「まごはやさしい」で覚えましょう。

  • ま→豆(大豆加工食品)
  • ご⇒ごま(なっつ類)
  • わ⇒わかめ(海藻)
  • や⇒野菜
  • さ⇒さかな(小魚・青魚・魚介)
  • し⇒しいたけ(きのこ)
  • い⇒いも

ただし、回復食で魚をいきなり食べるのはよくありません。しっかりとメニューを見返しましょう。

回復期 1〜2日目 3日目 4〜5日目
食事
内容
玄米粥・スープ 玄米粥+野菜や果物 玄米+野菜や果物(魚介類)
ポイント 玄米粥のみ
味付けは薄く
玄米粥中心
野菜
玄米+野菜・果物
(肉類はなし)

断食翌日(回復期1日目は)は準備期最終日と同じような、玄米粥や玄米スープを少量、いただくぐらいにしておきましょう。

2日目も、準備期を遡るような形の食事、お野菜・くだもの・魚介類を中心に少し量を減らしながら徐々に戻していきましょう。

いずれも朝食を酵素ドリンクに置き換えるとダイエット効果はアップです。

あくまで回復期の後半と普段の食事で積極的に摂るようにしましょう。

回復期に食べてはいけない食材

  • 動物性のタンパク質・・・肉・乳製品やタマゴ
  • 小麦製品・・・パン
  • 油分・・・揚げ物
  • カフェイン・・・コーヒー・カフェイン入のお茶
  • 過剰の糖質
  • 砂糖菓子・・・ケーキ・クッキーなど

これらは断食云々に限らず普段から摂取量には十分に注意したい食材・食事ばかりです。お肉・たまごなどのタンパク質は配分を見ながら日常の食卓並んでもよいですが、砂糖菓子なんかは出来れば食べないほうがベターです。

ファスティング中はたくさんの水と酵素ドリンクを飲む

ファスティングでは水分を多く飲むことを心がけてください。

普段の食事から摂取できている水分がそのまま無くなるので、いつも以上に大量に水を飲まないと身体が水分不足になります。

また、準備期から回復期終了までずっとお付き合いすることになる酵素ドリンクもとても重要な役割を果たします。準備・回復の食事メニューに気をつけるのと同じくらい酵素ドリンクについても配慮しなければいけません。
3日間のファスティングでオススメする酵素ドリンクはこちら

「水分」のみで過ごすのはおすすめしません。

あくまで身体に必要な栄養を摂りながらデトックスしていくのがファスティングのコツです。初心者が水だけで3日以上のファスティングを行うのは栄養不足になります。

ちゃんとした酵素ドリンクを選びましょう。ポイントは 無添加・香料なし が基本。ファスティングの目的である「毒素の排出」を考えると、添加物が入ってるものは避けるべきです。

特に格安で売られてりる酵素ドリンクなどは、低コストで味と品質をキープするために添加物が入ってることがほとんです。店頭で購入するなら、裏面をしっかりと見ること。ネットで買う場合は、ここに書いてあるファスティングドリンクか、調べる場合は店舗さんのサイトの表記をしっかりと確認してください。

ネットで買えるおすすめ酵素ドリンク

しっかりとしたファスティング酵素ドリンクは多少値の張る印象もありますが、効果を最大限に高めるためと、ファスティング成功のメリットを考えると、結果的にはその費用に見合った効果をもたらしてくれると私は思っています。それこそ、高いお金で通い続けないといけない痩せるエステだとかに通うよりはよっぽどマシ…。

なにより、断食は慣れてくるものですが、それでも楽なものじゃありませんから…

少しでもツライ思いをするなら絶対成功させたい(泣)!!!

切実…。

皆さんもそうだと思います。

とっても重要な回復期についてポイントをお伝えしました。

ファスティングダイエットのリバウンド原因は回復期にあり

ファスティングダイエットのリバウンド原因は「回復期を甘く見てしまうこと」

断食による我慢の反動で、つい食べ過ぎてここは我慢!回復期をしっかりと乗り越えてファスティングを成功させることをまずは考えましょう。

ファスティング全体の流れを知りたい方はこちらのページからどうぞ。

ファスティング「準備期」のポイント

ファスティング「断食中」のポイント

ファスティングに使用する酵素ドリンクはこちらからどうぞ。

おすすめ酵素ドリンク