先生…頭が…痛いです。
大丈夫ですか?ファスティング中に起こる頭痛かもしれません。原因と対処方法を学びましょう。

ファスティング中の頭痛、まずは焦らないこと。

ファスティング中に頭痛やめまいなどの症状が現れた方、割と多いのではないでしょうか。

私もそのうちの一人です。

以前、3日間のファスティング中に急に頭痛がひどくなって不安になったことがあります。その時はいまほどファスティングについてしっかり調べたりせず、ただ「痩せる!!」というだけでなんとなく挑戦した時だったので「栄養失調…!?」と心配しました。

あとから調べると判ったのですが、実はファスティング中の頭痛にはちゃんとした原因があります。なので、しっかりとポイントを抑えてケアをすれば大丈夫ですよ

ファスティング中に頭痛が起こる原因

ファスティング中に頭痛が起こる原因はいくつかありますから順番に紹介していきましょう。

1.断食中の水分・酵素ドリンクの摂取不足

水分や酵素ドリンクの不足

考えられるのは「水分不足」や「酵素ドリンクの摂取不足」です。

ファスティングの目的として痩せたいという想いが強いあまりに「カロリーを減らしたい。なので出来るだけ飲まない」という理由で水分や酵素ドリンクを摂取しない方がいますが、これは1番危険なので絶対に避けましょう。

ファスティング中には水や酵素ドリンクを飲んでも太りません。

ファスティング中は普段よりも水分が不足します。普段は食事(食材)からも水分を摂取しているのに断食中はそれがなくなります。その分、普段より多めの水分を摂取することが不可欠なのです。ちなみに断食中は一日2〜3Lの水分摂取が求められます。

同じく、酵素ドリンクを飲まずに行うファスティングは危険ですので避けてください。むしろ、デトックスを促進させるために酵素ドリンクを決まった量だけ飲むようにしましょう。無理のないように「空腹を感じた」タイミングでこまめに飲むことでが肝心です。

ファスティングの正しいやり方を身につけたい方はこちら

2.ファスティングの準備不足の影響

3日間ファスティングのメソッド

準備期間が不足したままで断食に入った場合、その環境変化に体がついてこれずに頭痛がします。通常、ファスティングの準備期は3日間ファスティングの場合「3〜5日」を必要としています。最も危険なのは準備期なしのまま、いきなり断食に入ることです。

「時間がない」「結果が早く欲しい」という理由で準備期なしのままファスティングに入られる方がたまにいますが、これは完全に逆効果です。

準備期のないファスティングはリバウンドの確率が格段に上がるだけでなく、頭痛などの症状に襲われる確率も高くなります。

ちなみに日常の食生活や習慣が荒れていると、ファスティングという慣れない行為の反動に対して体からの警告で頭痛などの症状が起こる場合もあります。この場合もより長い期間の準備期を持つことで影響は少なくなります。

ファスティングの準備期の注意点

3.酵素ドリンクは無添加のものを選ぶ

酵素ドリンクの「選び方」もとても重要です。
なぜですか?
ファスティング中の空腹状態のからだに、添加物が入った酵素ドリンクを摂り入れてると、毒素が普段よりもさらに溜まりやすくなります。

「添加物入りの酵素ドリンク」はファスティングには不向きです。

特に安価なものに多いですが、果糖や添加物などが入っているものは生産価格を下げるために原料で工夫をしています。頭痛などの症状とも関係がありますから酵素ドリンクは気をつけて選びましょう。

私がおすすめしている酵素ドリンクはすべて無添加ですので、いちど見てみてくださいね。

おすすめの無添加 酵素ドリンクを見てみる

 

4.血中のケトン体の濃度が頭痛の原因

ケトン体というと聞き慣れないワードかと思いますが、ケトン体はブドウ糖が枯渇した際に生成される物質です。

ファスティング中はブドウ糖が不足します。このケトン体はブドウ糖が不足した時に、代わりに脳にエネルギー源を供給するために肝臓で作られますが、このケトン体の血中濃度が高くなると頭痛が起こるのが典型的な症状なのです。

頭痛は「好転反応」というファスティングが効いている証拠でもある

ファスティングをしている方は「好転反応」という言葉を聞いたことがあるかと思います。好転反応というのはいわばファスティング効果による副作用のようなもの。
身体中に溜まった毒素や老廃物が血中に流れ、それが全身を巡る際に起こるのが好転反応です。
ファスティングの効果が高いほど、この好転反応もよりキツく現れる方が多い傾向にあります。

これはデトックス出来ているという証拠なので、むやみに不安がらないのもポイントです。

頭痛の対処法に頭痛薬は厳禁!

ファスティング中に頭痛が起きた場合の対処法をいくつかご紹介します。ファスティングはあくまで無理のない程度で行うのが鉄則ですので、どうしても耐えられない場合は対処法を試してみましょう。

ただその前にお伝えしておきたいのは「頭痛薬」は絶対に飲まないでください。

ファスティング中の薬は禁止

空っぽの胃に薬を入れると大きな負担になります。薬が原因で急性胃腸炎になるとファスティングとしての効果も薄まりますし、そもそも病院行きになるかもしれません…。

頭痛薬は禁止です。

1番の対処法は「休息する」こと

「え、そんなこと!?」とお思いかもしれませんが、やはりファスティング中は普段よりも活動力が落ちていますから休むことがとても重要になります。症状の軽い方は横になったりして休むことが大事です。しばらく横になって休んでいると楽になりますから、無理せず休むことが1番です。

症状が少しひどい時は「塩分」を摂取するのも良い

「塩分」を摂取することもおすすめです。出来るだけ普段のスーパーで買う食塩ではなく岩塩が良いです。または梅干しをほぐしてお湯に溶いたところに少し蜂蜜を混ぜてつくる「梅湯」を飲むと胃にも優しく効果的です。

ファスティング中に頭痛がしたら断食を中止するべき?

頭痛がしたらすぐにファスティングはやめたほうがいいでしょうか?
頭痛の原因は「好転反応」の可能性もありますのですぐに中断の必要はありませんよ。

ツライのを我慢して乗り切れとは言いません。

あまりに酷い場合は対処法にある「横になって休む」ことと「塩分を摂取すること」を行なってください。もし断食中でしたら、中断するからと言っていきなり固形物は食べないようにしましょう。まずは具なしの味噌汁などで少しずつ胃に食べ物をいれるほうが効果的です。

ファスティングは健康になるためのもの

そもそもファスティングというのは、これまでの食生活を見直すキッカケになるものです。ダイエットだけに目がいって本来の目的を忘れないようにしましょう。