絶えず働いてきたあなたの胃・腸

ファスティングとはその言葉の意味通り「fasting = 断食」です。

よくファスティングの後に「ダイエット」と付けて呼ばれることが多いですが、実はダイエット効果というのはあとから認識されはじめた効果のひとつに過ぎず、

本来の目的は『体内環境のリセット』、目的は内蔵の休憩にあります。

例えばですが、あなたが30歳だとするとその30年間、体の各臓器は絶えず働いてきたわけです。

胃は食べ物を消化してくれたり腸は便を出す為に働いてくれたり24時間365日フル稼働の状態です。

現代日本の食環境はとても胃に負担!?

現代の日本は贅沢なことに「食べ物」が溢れています。災害等でなければ、幸せなことに、ごく一般的に生活している分には食べる場所・ものに困ることはそうありません。

豊かな証である一方、添加物大国とも呼ばれています。今の日本では食べることでの内蔵への負荷がかかってしまう食環境なので、有名なフレーズではありますが、

『日本人の身体は腐敗しにくい』と言われています。

胃・腸を休ませてあげるのが「ファスティング」

だからこそ、ファスティングがとても重要なのです。まずは何十年も休まず稼働してくれている内臓を休めてあげると言う考えを持ってみましょう。

ファスティングをする際に一番影響がある内臓は胃や肝臓ではなくて【腸】です。

実は、人が誕生するときに最初に作られるのは脳ではなくて腸なんです。つまりそういった意味でも一番臓器としては一番の長老。また、腸は第二の脳と呼ばれるほど重要な存在であります。

腸だけが脳から独立して動く臓器なのです。現代の病気や体調不良の原因のほとんどは食べ過ぎや食べたものや腸内の腐敗が関係しやすいと言われています。重要な腸が腐敗するのですから、体調不調になるのも当然といえば当然です。

ファスティングの効果って?

ファスティングの効果の中で大きな物を挙げると次のようになります。

いずれも腸内環境活性化・消化機能回復による効果ですが、

  • [デトックス効果]
  • [ダイエット効果]
  • [美肌効果]
  • [アレルギー改善]

などが挙げられます。順番に説明していくと…

デトックス効果で「体の内側をリセット]

何十年も働いた腸は休まると元気になります。

小腸は食べ物の消化、吸収を担当してくれています。大腸は食べ物の残りかすから水分を吸収して大便を形成してくれるという働きをしてくれています。この一連の動作がうまくいかないと有害な物質などが腸壁を通じて体内に巡り、様々な病気を引き起こす原因になっています。

ファスティングを行うと、宿便と呼ばれる腸壁にこびりついた悪さをする原因ともなる古い便が排泄できます。また、余分なコレステロールなども体外へ出ていきます

先ほども少し書きましたが、添加物大国の日本では、普段の生活では排泄しにくい添加物や有害金属などもファスティングを行うと除去してくれます。いいこと尽くしです。

ダイエット効果と美肌効果

ファスティング中は消化するものがないので、胃や腸達のいい休憩です。

フル稼働していた時はどんどん消化していかないといけないのでエネルギーを消化に使っています。ところが、消化器官が休憩(消化するものがない)すると消化に使われていたエネルギーが別のところで使われるようになります。それは傷んだ組織の回復だったり代謝に使われたり。これが皆さんが注目している、

ダイエットできて、美肌になる。

という理由なのです。

私達の身体はエネルギーを優先的に使う方法が決まっています。

それは「糖質→脂質」です。どうしても糖質からしか使ってくれないようになっています。脂質はいわば〚蓄え〛ですね。

ファスティングをすると1日目~3日目ほどはデトックス時期です。「ごはんが来ないから持っていた糖質で過ごそう」と筋肉たちは考えます。

4日目以降になると蓄えていた糖質も底をつき、パニックになった筋肉は今度は「大事に隠しておいた脂質をつかわないと動けない」となります。ここからが脂肪燃焼効果が一気に上がります。4日以上のファスティングは初心者の方には難しい(専門家の指導が要ります)ですが、

3日間のファスティングを定期的に行うことでも同様にヤセ体質になることが可能です。

脂肪燃焼の中で生まれる物質で「ケトン体」というものがあります。

脳への影響が大きくファスティング中は集中力が上がったり、睡眠改善にもおおきな影響があります。脳波の影響で休み時にリラックスしやすい波動が出るため、夜はぐっすりと深い眠りに入れるため疲労回復などにも最適といわれています。

また、味覚にも影響が出ます。添加物大国日本とさきほどから言ってるのが一体何のことかというと、厚生労働省が発表している数字を見てみましょう。

【日本】既存添加物365品目・指定添加物449品目・一般飲食添加物100品目程度=1000種類程

食品添加物|厚生労働省

一方でアメリカは600品目程度、EUでは300種類程度の品目が許可されています。これは食品添加物の定め方の違いがあるので、一概に多すぎるとは言えないのですが、それでも安全基準を満たしたものであっても、やはりわたしたちの体には様々な影響を積もり積もって与えることになるのです。

ファスティングをするとよく「食の好みが変わる」ことがあります。

不思議なことにファスティングを行なっていいると、以前は平気でむしろ好んで食べていたスナックや加工食品を食べると、なんだか舌がピリピリした刺激を受けるような感じがします。そして、素材本来の味や無添加のものをより好んで食べるようになっていくというのもファスティングの効果であり結果です。

食生活改善にもファスティングはピッタリなのです。

[おまけの効果]食費の節約にもなり財布もしばしお休みに♪

いかに無駄に飲食をしていたか。食べ物でこんなにも消費していたのかと気づけると思います。なのでお財布の中身が減りにくくなるので心もHAPPYになります 笑。

まとめ

食べることは誰しもが大好きです。わたしも大好きです。ついつい食べ過ぎることも今もあります。

健康維持と体質改善としてまずは1日1食にするプチファスティングというのもあります。少しずつ身体を慣らしながらやってみるとお肌も内臓年齢も徐々に変化があります。

また私は「3日間ファスティング」をおすすめしています。

3日間ファスティングは「ダイエット」「デトックス」「美肌」等々、ファスティングによって得られる効果を享受でき、かつそれほど長くない日数なので無理なく始められ、定期的に行うことも苦痛じゃないとってもベストな日数が3日間ファスティングです。

3日間のファスティングのやり方!

6日間ファスティングのコースなどもあるのですが、これは初心者には少し難しいです。また専門家の指導のもとで行わないと逆効果になることもありますから、まずは1日、そして3日間と少しずつ体の改善のために行動していきませんか?

何十年連れ添った腸のためにも、1度やってみると良いかもしれませんね。

ダイエットは美容は自分の身体を思いやると自然とベストな身体に近づきます。やりすぎもダメなので自分の身体としっかりと相談しながら健康維持をしていきましょう。