このページでは、はじめてファスティングをする人におすすめの3日間ファスティングのやり方をまとめています。

3日間ファスティングの準備と心得

先生、ファスティングのやり方を教えてほしいです。
わかりました。はじめての方に「何が必要か」や手順を丁寧にお話したいと思います。

ファスティングは酵素ドリンクの選び方から始まる

必ず酵素ドリンクじゃないとダメ!

…というわけではありませんが、初心者や一般の人が、安全に成功率の高いファスティングに挑戦する場合、やはりパフォーマンスが一番高いのは「酵素ドリンク」です。

自家製のジュースや青汁などで挑戦する方もいますが、ファスティングは空腹と好転反応との戦いでもあります。そんな中、あまりオリジナル酵素ジュースをつくる時間や手間、青汁などのファスティングに最適化されていない飲み物だと、最大限の効果が出せなかったり、面倒くささから挫折してしまいます。

できるだけ手間をかけず、かつ高いパフォーマンスを望むならファスティングは「酵素ドリンク」という選択肢以外ありえないのです。

毒素排出が目的。だから酵素ドリンクは無添加のものを

よく勘違いされている方がいますが、ファスティングは「食べないで痩せるダイエット」ではありません。ファスティングはあくまで体内に溜まっている毒素の排出が目的です。

酵素ドリンクで体内の酵素の働きをサポートしつつ、毒素の排出を促すことで体が本来の代謝機能を取り戻します。その過程で体重や体の脂肪が落ちるのでダイエットとしての役割も担っているのがファスティング、というのが正しい認識です。

無添加のおすすめ酵素ドリンク

まずは1日ファスティングで体験入学を

たまに、初心者の方でいきなり3日や6日ファスティングをしようとするケースがありますがこれは危険ですからやめましょう。まずは1日だけ断食をする1日ファスティングで体験入学してみることが大切です。

「面倒だ…はやく結果が欲しいのに…」

と思う方もいるかもしれませんが、ファスティングは急いでおこなっても結果はついてこないのです。体の内側から着実に変えたいと思うなら焦らず着実にするしかないのです。

3日間のファスティングのやり方

前提はこのくらいにして、3日間ファスティングの具体的なやり方をお教えします。

大切な3つのステップ「準備・断食・回復」

ファスティングでは、何も食べない「断食」期間の前後にも、とても大切なステップがあります。これは1日だろうと、3日であろうとも必ず用意すべき期間で、ここでの過ごし方がファスティングの出来を決めると言っても過言ではありません。

準備期

断食前の期間にあたります。徐々に普段の食生活からファスティング用の食事に切り替える期間です。ファスティングの成功を左右するとても重要な期間になります。

断食期

完全に絶食する期間のことです。この期間に摂取するのは完全に酵素ドリンクとミネラルウォーターなどの水分のみになります。

回復期

絶食から明けた期間のことです。徐々に普段の食生活に戻していきます。準備期と同じくファスティングの成功を左右する期間です。ファスティングをダイエットとして捉える場合、回復期を下手に過ごすとすぐにリバウンドします。

ファスティング成功の鍵は「準備」と「回復」にあり

ファスティングで大切なのは「断食中」だと思っていませんか。
え、そうじゃないんですか?
ファスティングは「準備」と「回復」の過ごし方のほうが重要なんですよ。

 

準備期の過ごし方

準備期は断食に向けての大事な身体の調整期間です。ここでの準備が不足したり間違っているとファスティングで何日断食しても効果が見られなかったり望んでいた結果が得られません。しっかりと準備をしていきましょう。

準備とは、食べる内容と量を断食に向けて絞っていくこと。準備期は、今まで好き勝手好き放題してきた「食」を調整することから始まります。

食事量を減らしていくのですが、大体の目安として断食期間を3日とるなら「同じ3日間を準備期」として確保するのが理想です。

準備期の日別食事メニュー

準備期 1日目 2日目 ファスティング
前日
食事
内容
玄米+野菜や果物(魚介類) 玄米粥+野菜や果物 玄米粥・スープ
ポイント 和食中心メニュー
(肉類はなし)
玄米粥中心
少量の野菜や煮物
玄米粥のみ!

準備1日目は玄米と野菜や果物・魚介類など、肉類などの動物性の食事を避けましょう。2日目は、さらに魚介類を除いた状態で、玄米も炊いたものをお粥にして消化しやすくしていきます。野菜、果物も合わせて摂取しましょう。

そして前日は、玄米粥やスープにしたもので1日を過ごします。いずれの準備日も、朝食は酵素ドリンクで過ごすことも効果的です。

まずは不摂生な食事だった内容を和食中心のメニューに変えて汁物を増やします。

準備期の最終日(断食前日)は、玄米粥や具なしのお汁など、断食のために胃の中を出来るだけ空っぽにしておくことが準備期の重要ポイントです。

結果を追い求めすぎて急ぎすぎないことも大事です。計画的にファスティングをすることで結果はついてきますので、まずは集中しましょう。

準備期から朝食などに酵素ドリンクをあわせて飲むと効果が高まります。断食期間だけではなくファスティング全体を通して酵素ドリンクは大切な相方です。

断食期の過ごし方

断食中は「酵素ドリンク」と「水」のみで過ごします。

食べない日々のはじまりです。固形物などは一切食べてはいけません。

断食中は酵素ドリンクを決められた期間で飲みます。ほとんどの酵素ドリンクには、どのくらいの期間で量を飲めばいいのか書いてありますのでそれに従うのがベストです。

また水分はいつも以上に多く飲むことを心がけましょう。水は1日に2〜3Lが目安になります。普段の生活からすると多く感じますが、食事で得ていた水分が断食でなくなりますので、意識的に水を飲むことが重要です。

酵素ドリンクやお水を冷たくして飲むと胃がビックリしますので常温でゆっくりと飲むのがポイントです。

断食中は自分磨きの時間

これは経験から言えるのですが、断食中は食べ物の写真やテレビの食事風景にやたらと意識がいってしまい、始めのうちはとても気が散ってしまいます。

3食分の時間がそのままぽっかり空くことで1日が長く感じます。すると普段はスルーしてきたことに余計に目移りすることがあります。空腹なども相まって気が散ってイライラすることも…。断食期は出来るだけ自分磨きの時間を取ることを意識することも大切です。読書でも、ネイルサロンなどもいいですね。半身浴でゆっくりとすることも大切です。

身体を動かすことで効果アップ!

断食期は過度な運動は禁物ですが、多少の運動は断食効果を高めます。

ウォーキングやヨガ、リラクゼーションに行くのもおすすめです。あるいはぎゅっと仕事を詰め込んで時間を忘れるようにする方法もあります。

実は断食中は集中力も冴えるので仕事や読書がすごくはかどります。

ただあまりに激しい運動はやめておきましょう。あくまでウォーキングなどの軽く身体を動かす運動に留めておきましょう。

あと何度も言いますが、ドリンクと水分の補給は忘れずたくさん摂取しましょう。

断食中はトイレに行く回数が増えます。これはデトックス作用によるものでもありますので、我慢しないでかならず排出するようにしましょう。

回復期の過ごし方(最も重要です)

「やっと今日から食べれる!」ではありませんよ。

ファスティングの成功の鍵は回復期が握っているといっても過言ではありません。最も重要な時期です。

リバウンドするかどうかも回復期の過ごし方にかかっています。あと一息ですのでしっかりと注意点に気をつけて過ごしましょう。

回復期のメニュー

回復期 1〜2日目 3日目 4〜5日目
食事
内容
玄米粥・スープ 玄米粥+野菜や果物 玄米+野菜や果物(魚介類)
ポイント 玄米粥のみ
味付けは薄く
玄米粥中心
野菜
玄米+野菜・果物
(肉類はなし)

断食翌日(回復期1日目は)は準備期最終日と同じような、玄米粥や玄米スープを少量、いただくぐらいにしておきましょう。

2日目も、準備期を遡るような形の食事、お野菜・くだもの・魚介類を中心に少し量を減らしながら徐々に戻していきましょう。

いずれも朝食を酵素ドリンクに置き換えるとダイエット効果はアップです。

ゆっくり休んだ胃腸に負担をかけないように少しずつ食べていくのですが、最初は重湯(おもゆ)などがおすすめ。重湯とは流動食の一種で水分の多いお粥をさらにガーゼなどで濾して米粒を除いたものです。レシピはこちらでも紹介されています。

あとは、具なし薄め味噌汁など、準備期の逆からたどるように徐々に食事を変えていきます。

ファスティングする際の注意点

ファスティングをする際に気をつけておくことは大きく分けると3つあります。

  • 酵素ドリンクと水分の摂取を怠らないこと
  • いきなり通常の食事に戻したりしないこと
  • 無理をしないこと
  • 酵素ドリンクと水分の摂取を怠らないこと

何度も言いますが、ファスティング中は必ず水分摂取を忘れないようにしましょう。断食中の生命線でもあります。

いきなり食事をもとに戻さない

断食によって空っぽになった体は刺激に対してものすごく敏感になっています。いきなり高カロリーな食事や脂っこいものや添加物が入ったものを食べると胃腸がビックリして吐き気、頭痛、めまいなどで倒れる可能性あります。どうしても途中でファスティングを中断しなければいけない場合も、まずはお粥や具なし味噌汁(塩分は薄めで)で必ず胃をゆっくりと元の状態に戻すようにしましょう。

無理をしないこと

当たり前ですが無理をして倒れてしまっては元も子もありません。日常の生活を送りながらのファスティングは初めは大変かもしれません。まずは半日、一日と徐々に長くしていのが理想です。体調の変化に気を遣って、おかしいなと思ったら医師や専門家に判断を求めるようにしましょう。

ファスティングのやり方と酵素ドリンク

水分と同じくらいファスティングにとって大事な酵素ドリンクについても少し触れておきます。

断食中は体が空っぽの状態です。摂取するものの栄養素などが普段よりもダイレクトに吸収されます。その分、良くないものも吸収しやすくなっています。

ですので選ぶ酵素ドリンクがとても重要です。添加物などが入っていると、デトックス中にまた毒を摂取するようなものです。

無添加の酵素ドリンクを選んで飲むことが理想的です。

わたしがお勧めする酵素ドリンクは優光泉酵素ドリンクです。無添加ですし原材料の産地にも非常に気を使われたドリンクです。

断食のノウハウもあるオーナーさんが作っているので安心です。

優光泉酵素はこちら

ほかにも無添加の酵素ドリンクはあります。おすすめのものをまとめていますので、一度参考にしてください。

おすすめの無添加の酵素ドリンクはこちら